アクセスマップ

卒業生の声

HOME受験生の方へ卒業生の声

慶應義塾大学 法学部卒業


(聖徳大学附属幼稚園卒園)


森谷 謙太さん

幼いうちから身につけた礼法は就職活動にも活きました。
私は大学4年で司法試験に合格し、現在弁護士になることを目指しています。就職活動では弁護士の先生と食事をさせていただく機会も多く、その際に聖徳で学んだテーブルマナーや人の話を聞く姿勢などが活かされました。礼法や明和班での活動は、人と関わり合いながら生きていくうえでの土台となっています。また教育レベルも高く、特にコース別授業では中学受験を見据えた学習をすることができました。

東京外国語大学


言語文化学部 英語専攻


鳥海 涼香さん

小学校の授業で興味を持った英語が 私に夢をくれました。
当時では珍しかった小学校での英語の授業は、私の楽しみのひとつでした。本校での経験をもとに国際的な中学校に進学。高校では2年間カナダ留学をすることもできました。今の夢は英語教育に携わること。聖徳での授業が私に英語への興味を引き出してくれました。「漢検」や芸術鑑賞など、様々な経験できる聖徳は、英語に限らず、それぞれの一生モノの好きなこと、得意なことを見つけられる場所だと思います。

開成中学校


田中 悠雅さん

授業で楽しさを知った算数は中学受験で得意科目に。
聖徳に入学を決めた理由のひとつに、進学実績の良さがありました。実際入学して分かったのは、コース別授業などの受験対策だけでなく、ふだんから充実した授業が受けられるということでした。一番楽しかったのは算数の授業です。「楽しい」から入れたからこそ受験でも得意科目として自信をつけることができました。1年生から「数検」や「漢検」に熱心に取り組ませてくれたことも中学受験に役立ったと思います。

白百合学園中学校


廣瀨 漣さん

マラソンも勉強も先生は全力で応援してくれました。
印象に残っている出来事は、マラソン大会で6年間1位を取れたことです。全校児童の前で表彰されたり、体育の授業では先生がたくさんの褒め言葉をくれたり、そうした励ましが自信にもつながりました。先生は熱心な方が多く、算数の授業ではオリジナルの応用問題を出してくださり、いつも楽しみにしていました。受験を頑張れたのも、応援してくれた先生と、一緒に励まし合える友達がいたおかげだと思います。

TOP