アクセスマップ

教育理念・教育方針

HOME学校概要教育理念・教育方針

校長メッセージ

「本物」に触れる感動の中で、お子さまの人間的成長をめざします。

聖徳大学児童学部児童学科 教授


聖徳大学附属小学校 校長


三須 吉隆

単に教科書やインターネットから知識を得るだけではなく、「本物」を見て触れて確かめることによって子どもたちは驚き、不思議に思う気持ちが芽生えます。その感動が、不思議を解き明かそうとする探究心を育むのです。
人と響き合い、外の世界と響き合う心の育成。その心がベースとなって養われる、「礼節・知育・勤労」が融合した人格形成。本校は、こうした教育環境を生かし、本校でしか実現できない「本物」の人間教育の理想を今後もめざしてまいります。

育理念・教育方針

未来に生きる学力をめざして
– 教科学習

質の高い学習課題を学び合いながら解決し、考えのプロセスを自分の言葉で書いていきます。「本物」の思考力・表現力を授業の中で育てます。

思いやる心をめざして
– 礼法教育・明和班

小笠原流礼法師範による週1回の「礼法」授業により、正しい礼儀作法を学びます。また、学年縦割りの「明和班」では、関わり合いの中で相手を思いやる心を学びます。

響き合う心をめざして
– 総合学習活動

「本物」の文化・芸術に触れる体験や、子ども主体の集会活動によって、豊かな感性や社会性を育てます。学校生活の中で響き合いながら子どもたちは成長していきます。

TOP