アクセスマップ

教員ブログ

HOME学校生活教員ブログどう自分を和ませるか [ 長谷川 洋 ]
2020.04.09
どう自分を和ませるか [ 長谷川 洋 ]

人生は長期戦。自分を追い込んでばかりでは、途中で失速してしまいます。自分なりの和(なご)ませ方を持っておくと良いと思います。


ご参考までに、最近の私の和ませ方は、①入浴剤②緑茶③筆ペンです。


以前は浴室の壁に貼ってある、各学年で習う漢字表と、にらめっこして”学校だより”に掲載する漢字クイズを考えていたので、全く癒しの場ではありませんでした。晴れて今年度から、稲葉幸一先生の算数クイズにバトンタッチしましたので、リラックスして入浴できるようになりました。入浴剤を使うといつまでもポカポカした感じが続きます。


緑茶好きの吉田郁夫先生の影響で、緑茶を飲むようになりました。お湯を沸かし、急須で好みのカップに注いでいただきます。一口いただくとそこは”市中の山居”。静寂な世界に連れて行ってくれます。


そして筆ペン。手本を見ながら姿勢を正して文字を書きます。本校卒業生で書家の寺島響水(てらしま・きょうすい)さんを思い浮かべながら。筆ペンは準備がいらないので、お手軽です。


先の見通せない不安な毎日ですが、自分でコントロールできないことまで心配するのではなく、目の前のやれることをやり、そして意識的に自分を和ませていく。


よかったらやってみてください。

一覧へ戻る
TOP