アクセスマップ

教員ブログ

HOME学校生活教員ブログ卒業式を終えて [ 檜貝 道郎 ]
2020.03.11
卒業式を終えて [ 檜貝 道郎 ]

3月11日。

50名の6年生たちがこの学校を巣立っていきました。

新型コロナウィルス対策として規模を縮小したものの、「心に残る卒業式を」との思いを

子どもたちはもとより、先生方も強く持って臨みました。

今回のハイライトは「卒業演奏」を卒業式で行うという、前代未聞の取り組みにチャレンジしたことです。

楽器のセッティング、ウィルス対策、卒業式全部で1時間以内という時間の制約、リハーサル時間はほぼ無しで行う…

課題は山積みでした。

校長先生をはじめ、全教員で対策を練りました。

我々だけで何回もシミュレーションと修正を重ねました。

いよいよ本番。

式は厳かに始まりました。

証書授与、祝辞、記念品贈呈…例年と比べるとあっという間に進行していきました。

そして「卒業演奏」。

何十回、いや何百回と練習を重ねてきた曲「恋は魔術師」。

10日ぶりのブランクも全く気になりません。

演奏が終わると、万雷の拍手。

おうちの方々の心に響く演奏ができたのではないかと思います。

子どもたちもやり切ってくれました。

このような卒業式は他の学校には絶対にできません。

この子たちだからこそできた卒業式。

ぜひ彼らには、この卒業式を誇りに思ってほしいです。

規模は縮小しましたが、「心に残る卒業式」になったと思います。

一覧へ戻る
TOP