アクセスマップ

教員ブログ

HOME学校生活教員ブログ『半分、青ぞら』第7号/読み書き「そろばん」 [ 長谷川 洋 ]
2019.07.08
『半分、青ぞら』第7号/読み書き「そろばん」 [ 長谷川 洋 ]

久しぶりの学年新報『半分、青ぞら』第7号をお届けします。


前の学園長である川並弘昭先生が「読み書きそろばんを大切に」と語ったことがあります。「そろばん」を「計算」のことだと思っていたら、文字通り「そろばん」のことなのでした。


7/6(土)に3年生がそろばんにチャレンジしました。そろばん教室の先生に各学級1名ずつ入っていただき、学級担任と学年付がサポートしました。


8+9の場合、1の位にはすでに8の珠があるので、9は入りません。そこで、10に対する9の補数(ある数に加えると、あらかじめ定めた一定数になるような数。例、10に対する3の補数は7)である1を引いて、10の位に珠を1加えます。

なので、そろばんでは、10に対する補数をすぐに思いつく必要があるのです。



先生が見て回り、アドバイスをします。


少しアドバイスすると「分かった!」と言って、自力でどんどん計算できるようになる子がいました。分かった瞬間の子どもの表情は、本当に輝いていました。


子どもたちは覚えるのが早い分、忘れるのも早いので、ぜひご家庭でも練習してみてください。(そろばんを借りたい人は、担任までご連絡ください)

一覧へ戻る
TOP