アクセスマップ

教員ブログ

HOME学校生活教員ブログ2学期2回目の「造形道場」 [ 長谷川 洋 ]
2019.09.29
2学期2回目の「造形道場」 [ 長谷川 洋 ]

9月26日(木)に2学期2回目の、放課後プログラム「造形道場」が行われました。この日も、プログラム中最多の42名の参加がありました。


図工室に子どもがいっぱい。このお祭り的な雰囲気も、造形道場の魅力です。


1年生の参加も目立ってきました。周りのお兄さん・お姉さんの様子から、見よう見まねで、学んでいきます。


この日も、造形活動を思い切り楽しんでくれました。


子どもの興味から出発し、「自ら」目標を設定する。それに達するための具体的な方法を「自ら」考えていく。目標を山頂に見立てた場合、山頂から麓(ふもと)を見渡し、自分でルートを見つけ出すような方法といえます。指導者が一方的にルートを与えるのとは違った展開です。


子ども自ら目標設定させ、それに至るルートも考えさせる授業。これをバックキャスティング的授業というそうです。「正解」といえるものが刻々と変わっていく、変化の激しい現代において、必要とされる力を育てる取り組みといえるでしょう。「造形道場」も、これに近い活動かもしれません。

一覧へ戻る
TOP